気軽に始められる節税効果のある資産形成とは

個人型確定拠出年金「iDeCo」とは?

「資産形成」というとどうしても身構えてしまい、元出がたくさんないと出来ないのではと思ってしまう方は多いと思います。
確かにそうした一面もあるのですが、これからご紹介する個人型確定拠出年金「iDeCo」は気軽に始められて節税効果があるうれしい制度です。
個人型確定拠出年金は、公的年金にさらにゆとりを持たせるために「自分で作る年金」です。平成29年1月から、基本的に公的年金に加入している全員が加入できる制度に変更になりました。よって公務員や専業主婦の方も加入出来ます。
加入者は5千円以上1千円単位で掛け金を毎月拠出して、運用・積み立てを行い、原則60歳以降に受け取る仕組みとなっています。
ここで大事な点は、60歳までは積み立てたお金を引き出す事ができないという事なので注意が必要です。
運用する商品は投資信託・保険・定期預金などから、加入者が自分で選ぶ事ができます。また株式やETFなどは除外されています。

節税効果があるので、老後の資金作りに最適!

個人型確定拠出年金のメリットとして、節税効果がある点も見逃せません。
まず、掛け金が全額所得控除になるので所得税や住民税が減税されます。
また、運用益が出た場合に課税される源泉分離課税20.315%も非課税になります。そこからさらに再投資されるので、複利効果で資産が大きく育っていきます。
60歳以降に個人型確定拠出年金を受け取る時にも、受け取り方法にかかわらず控除が受けられるので税金の負担が軽くなります。受け取り方法は、分割・一括または両方を組み合わせる事も可能です。
さらに節税効果だけでない、個人型確定拠出年金のすごいところはもう一つあります。それは60歳までは引き出す事ができないという点です。そのため、掛け金は生活に必要なお金ではなく余裕資金を積み立てていく事を強くお勧めします。長い年月そのまま積立を続けていけるので、気が付かないうちに老後のための資産が成長していきます。