積み立て感覚で始められる「確定拠出型年金」の魅力とは?

税制面でメリットの大きい個人型確定拠出年金

個人型の確定拠出年金は掛け金が全額控除されるほか、運用して得た利益は、受け取る際に減税されるなど税制面で優遇されています。元本が保証されていない金融商品もありますが定期預金などの比較的リスクの少ない運用方法もあり、運用する商品を組み合わせるなどの工夫が必要になります。 個人型確定拠出年金は毎月の掛け金や、口座を開設する運営管理機関、運用商品を自分で決めなければなりません。口座を開設する手数料の他に、毎月、運営管理機関に支払う手数料が発生します。運営管理機関はひとつしか選択することができません。毎月の手数料は運営管理機関によって異なるため、掛け金や税金の優遇措置などと照らし合わせて運営管理機関を選択することが大切です。

毎月の掛け金はいくらから?

個人型確定拠出年金は下限が5,000円、1,000円単位の掛け金で上限は公務員や自営業者などの属性で変動します。
原則的に途中で解約することができないため、掛け金は無理のない金額に設定することが重要です。ただし、年1回は金額の変更ができるため、掛け金が生活を圧迫するなどの場合は減額、資金の余裕が出た場合は増額することも可能です。前納や追納という制度がなく、会社員の場合は給与からの天引き、自営業者や無職の人は毎月口座から引き落とされることになります。
「老齢給付金」「障害給付金」「死亡一時金」の3つの給付方法があり、「老齢給付金」は60歳から給付を請求することができます。ただし、通算の加入期間が10年未満の場合は、加入期間によって受け取ることができる年齢が変わるので注意が必要です。