じつは簡単に始められる「確定拠出年金」の始めかた

確定拠出年金に加入できる人とは

定年退職自体が視野に入っている人だけでなく、20代から30代で不安に思っている人も少なくないのが老後の年金といえます。自分自身で積み立てる手法はいろいろあるわけですが、利用することができる方でしたら、一番初めに考えたいのが確定拠出年金になります。 確定拠出年金のメリットは、まず拠出金自体が所得控除することができることが挙げられます。その上、預金の利息でも、株式の配当でさえ、運用益につきましては20.315%の税金が必要ですが、確定拠出年金でしたら課税されることはありません。確定拠出年金を始めるにあたって、加入することが出来る人は、原則として国民年金に入っている人それから、厚生年金に加わっていて勤務場所に企業年金等が存在しない方になります。

確定拠出年金に加入するには

勤務場所自体が確定拠出年金を組み込んでいるとしたら、そのことに従うことになりますので選択余地はないと言えます。取り入れられた時にどういった金融商品を選択したのか覚えてなく、それ以降見直しも行ってない方は、そのタイミングで自分自身の運用実態を確かめてみることをお勧めします。 それに対して、今後一個人で加わるのであれば自分自身で金融機関を選択することが可能です。銀行や、証券会社、さらに保険会社などたくさんの金融機関が運営管理機関となっています。 何処で契約しても同じということではありません。確定拠出年金には取り扱い手数料が必要ですが、金融機関により異なります。更に運用商品におきましても異なります。幾つか資料を送ってもらって思案してみるのも賢明といえます。